HOME >> JA東びわこについて >> 概要・アクセス

JA東びわこについて

概要・アクセス

概要

JA東びわこ本店JA東びわこは、日本一の湖「琵琶湖」の東に位置する人口約15万人の地域です。管内は、井伊直弼の居城「彦根城」で有名な彦根市と愛知郡(愛荘)、犬上郡(豊郷、甲良、多賀)の1市4町から構成されています。彦根城の他にも当管内には多賀大社、西明寺、金剛輪寺など多くの重要文化財が数多く残る歴史文化あふれ、また三重県との県境に位置する当地では、鈴鹿山脈を源に犬上川や愛知川といった一級河川が流れる水の大変豊かな地域です。

古くから稲作を中心とした農業が営まれ、食料を始めとする農作物の供給という本来の役割と、豊かな自然環境や国土の保全、潤いのある生活空間の確保、生活文化の伝承などの多面的な役割を果たしている地域です。

交通面においても、古くから近畿、関東、北陸を結ぶ要衝で、現在も国道8号線をはじめ名神高速道路やJR東海道新幹線、東海道本線が管内を南北に走り、今なお交通の重要な役割を果たしています。

管内特産物としては、彦根市南部である稲枝地域(彦根営農センター管内)の彦根梨をはじめ、犬上郡(東部営農センター管内)の小菊ユリ、愛荘町(愛荘営農センター管内)のやまいもなどがあります。特に彦根などは直売所などで多くのみなさまに好評を得ています。

設立 1997年4月1日
沿革 1997年4月に、1市5町の5JA(彦根市、愛知中部、稲枝、多賀荘、厚生社)が合併し発足。
出資金 3,040百万円
事業量 貯金 217,764百万円 
貸出金 37,519百万円 
長期共済保有高 617,152百万円 
年金共済保有高 5,482百万円 
販売品販売高 2,566百万円
購買品供給高 1,876百万円
(第19回通常総代会資料に基づく)
組合員数 20,242名
役員数 経営管理委員25名、理事5名、監事6名(員外監事1名含む)
【2016年3月末現在】
職員数 485名 (正職員・臨時職員・パート職員)
事業内容 総合農業協同組合
(営農・生活指導、販売、購買、信用、共済、高齢者福祉、旅行、葬祭、農機、燃料 等 ※総合事業)
代表者 代表理事理事長 木村 正利
代表理事専務 大脇 利博

【H28.6.18現在 】 

JA東びわこ(本店)へのアクセス

電車・バスでの本店へのアクセス
JR琵琶湖線河瀬駅東口より、北へ徒歩2分

お車での本店へのアクセス
名神・彦根インターより国道8号線を経由、約20分