HOME >> 営農 >> 11月

農業

11月

11月期の作業 ~収穫後は来年の栽培に向けた「土づくり」の大切な時期です~

土づくり

suitou_image3収穫後は次年度の栽培に向け「土づくり」の大切な時期となります。地温の高い今月中に耕起作業を行い稲わらの腐熟を早めましょう。すでに耕起作業に取りかかっている農家もあると思いますが、水稲収穫後の稲わらは、土づくりにとって貴重な有機物質源であり、水田に鋤込むことにより土中で分解されて、ケイ酸分の養分供給源となり土壌微生物の増加や土壌物理性の改善にも役立ちます。また、年内耕起により多年草の塊茎(かいけい)が地表面に露出し、冬季の乾燥や凍結により死滅させる効果があり耕種的防除にもつながります。

JA東びわこのおすすめ土づくり肥料「土強満点」

JA東びわこがおすすめする土づくり肥料「土強満点」は、従来の土づくり肥料より施肥量が少なくてすみ、ケイ酸カリの施用が省けます。登熟が高まり、品質向上につながります。病害虫の軽減や倒伏防止に効果があり秋落ちが防止できます。また干ばつに強い稲をつくり有機物の分解を促進します。