HOME >> 営農 >> 10月

農業

10月

10月期の作業 ~稲刈りも一段落、今日からは土づくりに取り組みましょう~

いい土をつくろう

稲作の第一歩は土づくり、来年に向けて、強くたくましい稲作り、品質向上に向けて収穫後の稲わらの鋤(す)き込みと土づくり肥料(土強満点)の施用を行いましょう。

土の老化減少

稲を健全に生育させるためには、チッソ・リン酸・カリの三要素の他にケイ酸・鉄・苦土などが必要となってきます。特に、稲はケイ酸を多く必要とします。これらの養分は土を通じて稲に供給されますが、毎年減少していきます。稲わらには、多くのケイ酸がふくまれていますので、有機の活用とケイ酸成分の還元を考え、焼かずに稲わらの鋤き込みを行いましょう。

JA東びわこのおすすめ土づくり肥料「田華の豊稲」

JA東びわこがおすすめする土づくり肥料「田華の豊稲」は、従来の土づくり肥料より施肥量が少なくてすみ、ケイ酸カリの施用が省けます。登熟が高まり、品質向上につながります。病害虫の軽減や倒伏防止に効果があり秋落ちが防止できます。また干ばつに強い稲をつくり有機物の分解を促進します。

田華の豊稲

田華の豊稲の特徴
1.りん酸・けい酸・苦土・アルカリを主とした成分がバランスよく含まれています。
2.けい酸の吸収利用率(溶出率)が慣行資材と比べ高くなっています。
(特に水田の場合、土のPHが5.5~6.5の間にあり、『田華の豊稲』はPHが5~6の間でけい酸吸収利用率(溶出率)が高くなっています。)
このため、従来の土づくり資材より少ない散布量で済みます。
3.また、カドミウム吸収抑制対策としても、アルカリ成分45%を含み、他のケイカル系肥料より効果が高くなっています。
4.冷害等の気象災害・病害を軽減できます。また茎や・葉が硬くなり、倒伏に強くなります。

 

根郡域を広げ根の養分吸収能力を向上させましょう

管内の水田土壌は、以前よりも浅くなっています。大型機械で作業が行われるようになったため、作土下に「ち密層」が出来ています。そのため、根の伸びる範囲が狭くなり、透水性も悪くなり根傷みを起こしやすくなっています。そこで作土深は15~18cm程度に深耕してください。深耕は、根郡域を広げ根の養分吸収能力を向上させます。