HOME >> トピックス >> 今年も彦根梨を使ったタルトが人気です。

トピックス

今年も彦根梨を使ったタルトが人気です。 【2015/09/03】

タルトを紹介する三好シェフ彦根市にある㈱クラブハリエ彦根美濠の舎が期間限定で「彦根梨のパイタルト」を販売。人気を集めている。

 JA東びわこ特産の彦根梨を使ったパイタルトで、昨年開発され、今年は本格販売となった。また、同店の他、今年は、大阪市の百貨店・阪急うめだ本店の「クラブハリエ」でも販売をはじめた。

 梨は「幸水」。実が大きく食感もよく甘くみずみずしいのが特徴だ。彦根梨は、同市石寺町で1981年から曽根沼干拓地11ヘクタールを活用し、現在21農家が栽培をしている。市場には出荷せず、全てが贈答用の予約販売と直販。タルトは、直径約20センチの生地いっぱいに敷き詰められた梨が季節感を感じさせ、昼過ぎには完売している。

 開発に当たった㈱クラブハリエ・クラブハリエキッズの三好豊シェフは「コンテストがきっかけで彦根梨を使ったのが始まり。シンプルにやさしい食感を残して美味しいタルトに仕上げることが出来た」「現在、本物のお菓子をキッズに味わってもらう事をしている。地元のより良い物を伝えたい」と話す。

 同JA販売営業担当の西山康博さんは「三好シェフは彦根梨の特徴や良さを伝え、梨の良さを一番引き出せるスイーツを考案された。今年は初収穫から梨を確認しながら早くから取り組まれていた」と経過を話す。

同JAでは、スイーツに形を変えることで付加価値を高め、素材本来の良さを改めて感じてもらえる機会となり、定着してほしいと願う。

 「彦根梨のパイタルト」は、数量限定なので予約する方が求めやすい。9月末頃までの販売予定。お問い合わせは、株式会社クラブハリエ彦根美濠の舎、電話0749(24)5511まで