HOME >> トピックス >> 台風20号・21号による農業施設被害にかかる支援対策について

トピックス

台風20号・21号による農業施設被害にかかる支援対策について 【2018/09/14】

台風による農業関連被害を受けられた皆様へ

 

このたび、台風による被害を受けられた皆様へ心からお見舞いを申し上げます。

台風20号・21号により、管内での施設被害が多数発生し、今後、農業者負担の増加と地域の農業生産振興の低下が

懸念されることから、農業者負担の軽減と生産現場の早期回復を図るため、ハウス施設(ガラス温室を除く)の

修復(建て替え、補修修繕等)にかかる資材について特別価格を設定し、支援を行いますのでお知らせいたします。

 

■農業設備・農業資材に対する支援策について

・支援対象:当JAの農家・組合員であり、台風20号・21号による農産物の生産振興にかかるハウス施設

     (ガラス温室を除く)の下記にかかげる被害を対象とします。

 ①ビニールハウス及び施設(ガラス温室を除く)の全壊、一部倒壊または破損・損壊

 ②ビニールハウス及び施設(ガラス温室を除く)の外装被覆資材(ビニール)の破損

 ③その他JAが認める被害

 ※対象は施設(ガラス温室を除く)の本体(鉄骨)と外装のビニールとする。

 

・対象期間:台風20号の被害も含め平成30年9月18日~平成30年12月28日までに支援申請書の提出があったものに

      限ります。

 ※台風20号の被害にかかるものについてはさかのぼっての対応を可とします

 

上記の支援策について、詳細は各営農センター並びに各支店へお問い合わせください。