HOME >> トピックス >> 採れたて夏をまるかじり! [農業新聞関連記事]

トピックス

採れたて夏をまるかじり! [農業新聞関連記事] 【2014/09/02】

  • 彦根市の彦根西中学校1年生の生徒114人は、8月28日、同市松原町地先のほ場で、7月に植え付けたトウモロコシの収穫体験を行った。
  • 生徒と農家の交流を推進する同市の事業の一環で、7月1日に900平方㍍のほ場に2品種のトウモロコシ約2600本の苗を定植し、8月19日には害虫防止に雄花切りをした。
  • 生徒らは、植え付けの指導やその後の脇芽取り、水やりなどの管理を任せていた地元の松原農業組合やJA東びわこ彦根北支店の職員の指導により、スイートコーン1600株から約千本を一本ずつ丁寧に収穫。採れたてを生で食べる場面も見られた。生徒は「初めて生で食べた、甘くておいしい」と笑顔で話した。
  • 農家を代表して北川秀夫さんは「みんなの喜ぶ顔が見たいので取り組んでいます」と生徒に対して話した。
  • 収穫したトウモロコシは、生徒の代表が350本を市立病院と特別養護老人ホーム「さざなみ苑」へおすそ分けとして届けた。残りは学校でゆでて、昼食時に全校生徒で味わう予定
  • 楽しく収穫する生徒