HOME >> JA東びわこについて >> 理念

JA東びわこについて

理念

基本理念

 

「食」と「農」を基軸として、地域に存在感のあるJAづくり

 

JA東びわこは農家組合員の所得増大と地域の活性化に向け、創意工夫をこらした自主的な取組みにより、組合員と地域社会から期待される役割を果たします。

 

経営指針

eppi01

(1) 農家組合員の所得増大と農業生産の拡大(食料・農業)

     ・実需者ニーズに基づく多様な契約方式による販売力強化

     ・生産から販売までのトータルコストの低減及び農家所得増大の取り組み

     ・米政策の見直しを見据えた生産・集荷・販売戦略

     ・園芸振興における直売所等の機能充実

     ・特産づくりならびに特産品のPR戦略

     ・担い手経営体のニーズに応える支援対策

     ・農業関連施設の集約稼働とコストダウン

 

(2) 総合事業による地域の活性化とくらしの支援(くらし・地域)

     ・組合員参画型の「協同活動」の場づくりと地域との絆づくり

     ・「JAくらしの活動」の重点対策・重点メニューの設定・実践

     ・集落機能・地域コミュニティの維持・発展への取組み

     ・各事業部で世代交代対策の明確化と目標数値の設定(次世代対策の取り組み)

 

(3) 自己改革を支えるJA経営基盤の確立(組織・経営)

     ・目に見える自己改革の実践

     ・正・准組合員のメンバーシップの強化

     ・人材育成並びに自己のスキルアップ

     ・JA経営の健全性向上の実践

 

~ 創造的自己改革への挑戦 ~