JAの購買事業

JAの購買事業とは、JAが組合員や地域の皆さまに肥料などの生産資材や生活資材をできるだけ安く、良質なものを安定的に供給することです。JA東びわこでは支店や営農センターにて組合員に対して予約注文などを行い、スケールメリットを活かしてメーカーと交渉し、低価格・安全・良質な資材を供給することやJAグループ自ら生産をして、生産と生活に密着した事業に取り組んでいます。

JAの購買事業は大きく2種類に分けられます。

一つは、肥料、農薬、資料、農機具など農業に必要な資材を供給する生産資材購買、もう一つは、食品や日用雑貨など、生活に必要な品目を供給する生活資材購買です。

効率的な資材供給のため、JAグループの各団体で役割分担をしています。全国で一括購入できる者はJA全農本書が、都道府県ごとにまとめた方がいいものは都道府県のJA経済連・JA全農都道府県本部がまとめて購入し、地域のJAを通じて組合員へ供給します。

生産購買

生産購買では、肥料や農薬、農機具など組合員の営農活動に必要な品目を取り扱っています。JA東びわこでは、省力タイプや大型規格農薬のラインナップを充実させ、生産コスト低減への取り組みを進めています。

具体的には、肥料では銘柄集落にやる新たな共同購入や大口生産者への直送による物流コストの低減、農薬では大型規格よりも更に大きな担い手直送規格の取扱いや、安価なジェネリック農薬の取り扱いを進めています。

生活購買

生活購買では、食品や日用雑貨用品、メガネや補聴器、墓石・石材、仏壇・仏具など組合員の生活に必要な品目を取り扱っています。また、消費動向に配慮した安心・安全な商品の提供など、組合員・利用者のニーズに対応した商品の取扱いもしております。